• あたらしい触覚学が拓く未来

    Tactileology Association JAPAN

    日本触覚協会

  • 日本触覚学会

    リンクを追加したり、ファイルをアップロードしてここからダウンロードするように設定することができます

  • Tactileology

    触覚学​が英国の学術情報誌 IMPACT で紹介されました

    *IMACT誌は30,000を超える世界中の大学、研究機関、国と地域の研究資金補助組織、政策、政府、民間、公共セクターのすべての主要な関係者に読まれる英国の学術雑誌です.

    提唱している「あたらしい触覚学」〜 Tactileology が英国の学術情報誌で紹介されました.Tactileologyは「音楽のメロディのように変化する触覚」をあつかう,あたらしい触覚の科学・工学です.次世代ナチュラルコンピューティング(電子計算機をつかわず,アルゴリズムにより人間・自然を計算化するパラダイム)に基づくあたらしい触覚学とその応用(美容,医療・ヘルスケア,音響工学ほか)などについて紹介されています.

     

    記事ダウンロードできます!(PDF)

     

    Tactileology, which I proposed, is introduced in a British academic magazine. Tactileology is a novel tactile science and engineering that deals with "tactile sense that changes like music melody." New haptics based on next-generation natural computing (natural computing not using a digital computer but computerize human and nature by an algorithm) and their applications (beauty, medical / healthcare, acoustic engineering, etc.) are introduced.

  • わたしたちは「触覚学の公明正大な発展と振興」に寄与します.

    SHOKKAKU2019  

    ご来場ありがとうございました!

    あたらしい触覚メディアによるアート・デザイン (イベント)

    触覚はこれまで”視聴覚の効果を高める香辛料”のように扱われてきました.触覚は視聴覚と異なり「無視することができず」,知識を超えて私たちの感性に直接に踏み込んできます.

     

    触覚が視聴覚に優先する,あたらしいメディアの体感するイベント,それがSHOKKAKU2019です.「百聞は一触にしかず」.触覚の「知」はアタマで理解するものではなく,身体で感じることにより伝わってくる..そんな体験したことがない「触覚知」の世界をつくりました

     

    We have launched the art-and-science performance event on destructive innovation technique of tactile communications; SHOKKAKU (which means tactile sense in Japanese) .

     

    SHOKKAKU 2019

    Kyoto University JAPAN

    29 June - 30, 2019

    FREE of charge I

     

    in this years SHOKKAKU... we will have the art performance of dance - tactile sound vibrations - Norihito Ishii (San Kai Jyuku, Butoh) - Atsushi Heki (Contemporary Japanese dance) - Eric Maestri (Composer) and the world premiere of tactile sound vibration, composed by a deaf-blind artist.

    触覚技能者検定制度

    マッサージの「品質保証」

    *日本触覚学会の提唱する標準規格に準拠した検定制度です

    時代や地域を超えてわたしたち人類は,いろんな「マッサージ」をしてきました.日本触覚学会の提唱する,触譜による「標準マッサージ」に準拠した講習会や検定を行います.

    触覚技術の認証評価

    触覚技能の「品質保証」

    *日本触覚学会の提唱する標準規格に準拠した検定制度です

    さまざまに応用されていく振動触覚には「規格」がありません.日本触覚学会の提唱する規格に準拠した振動触覚や振動触覚デバイスの認証評価を行います.

  • SHOKKAKU

    進化する触覚を体感する

    カルチャー&アート イベント

    Feel the novel tactile sense, you never know

  • Shokkaku 2019

    世界初のあたらしい触覚メディアを体感する

    Trailer of Shokkaku 2019

    触覚が拓くあたらしい世界

  • あたらしい触覚メディアを体感する

    feel the novel tactile media you will never know

    あなたは美しい調べのように豊かに流れる触覚を体験したことがありますか?

    have you experienced art of tactile sense like a music?

     

    触覚といえば..

    やわらかいー硬い,低反発のまくら,ソファーにクッション..そこに豊かな調べはありますか?

    わたしたちは,楽譜のように触覚を記述する方法「触譜」を提案しています

    tactile products are not only limited a soft cushion, couch for relaxing not memory form pillow,

    can they produce a "music" of tactile sense?

    it is just

    soft, hard, rough, smooth..

    a music is just soft or smooth?

    a music is composed of VARIOUS tactile of sounds

    so.. why not we have developed such tactile media like music?

    So we have developed TACTILE SCORE, a method for composing tactile sense like music

     

    触譜により触覚は音楽のような豊かな調べを奏でるようになりました

    Do you know M. Mcluhan? Einstain said, "only a philosopher we should know"

    Mcluhan said "Letterpress is the biggest massive destructive innovation in human history"

    we have created Letterpress for tactile sense

    then we got to know

    Mcluhan is correct

    Since then, we have proposed TACTILE SOCRE

    suddenly

    novel tactile media emerges and developing destructively

     

    触覚の調べ?...なんだそれ??

    そうでしょ,なんだかわからないでしょ...

    but.. I can not imagine..

     

    yes

     

    百聞は”一触”にしかず

    "touching is believing"

     

    それは,どれだけ言葉で,映像で,説明しても「絶対に」わかりません

    だって,触覚なんですもの

    you will never know what it is until TOUCHING by yourself

    that's why it is TACTILE MEDIA

    if I can explain by language or movie.. it is not tactile media ;-)

     

    SO... Come and Join us, SHOKKAKU 2019 in Kyoto !!

     

    we collaborate with active worldwide artists; in dance and music

    and

    world premier of the haptic vibration media

     

    We are all looking forward to see you in SHOKKAKU 2019!!

     

    このSHOKKAKUでは触譜に関する一般向けの講演(29日 14時から)

    のみならず

    世界的に活躍している新進気鋭のアーティストによる,美術史に残るようなパフォーマンス

    を行います

     

    これまで視聴覚のバイプレイヤーだった触覚が,はじめて「主役」になります

    こんな公演,歴史的にも,パリでもニューヨークでも行われたことはありません

    本当の意味でのプレミア・初演です

     

  • Program

    .

  • SHOKKAKU 2019 - artists

    SHOKKAKU 2019 参加アーティスト

     

    石井則仁

    Norihito Ishii

    舞踏家・演出振付家・DEVIATE.CO 芸術監督・山海塾所属

    日置あつし

    Atsushi Heki

    プロダクション航路延長 プロデューサー
    舞踊家・演出振付家

    Eric Maestri

    作曲家, パリ第8大学, IRCAM

  • SHOKKAKU - 医療

    「知覚循環」  リハビリテーションの世界を体感する

     

    森下一幸

    浜松市リハビリテーション病院 技師長(理学療法士)

    宮本一巧

    地域医療法人 りつりん病院

    (作業療法士)